IT系のバイトの仕方とコツ

イメージ

IT系のバイトは昨今頻繁に増えています。
しかし、ITといっても、様々で、もちろんプログラミングを行う物もあり、ソフトのデバッグを行う物もあります。その業務を行う上でのやり方と進め方、コツについてなどを記述していきます。
まず、一番考えてほしいのは、物づくりを行う上で一番大切なのは人とのコミュニケーションです。
友達になる感覚ではなく、自分の思っている事を的確に伝えられるかという事が求められます。

IT系の業界では、様々な情報がたくさんあります。それらの中からくみ取って言葉にして伝えるというのは非常に難しいです。そして、もっとも簡単に相手に伝えれる方法があります。
人間は言葉で理解するのに少々時間がかかります。相手の言った言葉を自分のフィルターに通して理解するという感覚です。これでは、おそらく伝言ゲームとなり、情報がうまく伝わらない場合があります。
しかし、視覚的に相手に伝えると、理解できる場合があります。つまり、絵で書いて説明するという事です。バイトを行う上ではおそらくは、ほぼ初心者の方だと思います。
そうなると頑張って言葉で伝えようとする傾向があります。もし、自分の言葉で伝えようとする場合、同時に絵などを書いてそれを元に説明するとうまくコミュニケーションがとれるでしょう。

そして、一番重要な事は、IT系の業界で、ソフトやハードのバグなどは付き物です。これは、沢山情報があるなかの昨今の業界では仕方のない事ですが、軽減策は当然あります。バイトをやる上でこれも、知っておいた方が得策です。
しかし、これは主にIT系の業界でプログラミングを扱う方にもっとも適しています。それは、プログラミングを絶えず他の方に確認してもらう事です。
つまり、自分で自分のプログラムを見ても、なかなか欠陥にたどりつけにくいです。しかし、これを客観的に見てもらうということが、とても重要です。これを行う事によって、作業効率共にあがり、仕事をやる上での失敗が軽減されます。
つまり、バグもそれに類似して減っていくという事になります。

mv